江戸から・・・・

先日、僕の友人の新居が出来上がり、その方の友人たちがお祝いに集まってくれたそうです   

で、新築祝いに  

『江戸木遣り』 を 10人で謡ってくれたそうです 

僕も同席したかったのですが、僕は僕で・・・「古賀政男記念館」  にある方に呼ばれていまして 

残念ながら、『江戸木遣り』 を 聞かせていただけませんでした 

一年半ほど前からの発足の木遣り会で 『継声会』 というそうです 

13歳の中学生から、88歳まで・・・という幅広い年齢の会で、

88歳の元鳶頭を師匠に 老いも若きも 喉を競っているそうです 

友人曰く   「素人さんの集まりで、長く続かないんじゃないかな??」  と思っていたそうですが、

「一年半でよくぞここまで、声が出るようになった  驚いた 上手くなった  」

と  感心していました 

でまた、その中に、手品師もいて 『玄人はだし』 の腕前だったそうです 

大陸から伝わった手品が、「お椀と玉」を使うことから、「品玉」と呼ばれるようになったそうです。

『さて、このたびは三つのお椀と三つのお手玉を使いましての手品でございます。

鹿の子のお手玉は 扇面の風におくられまして変現自在、早い手玉や品玉の、

品よくかよう綾(あや)だすき、かけて思いの鹿の子玉、あけてくやしき玉手箱、

お囃子にのりまして、品玉の手品、まずはお椀のあらためからでございます…』

などの前口上があって、自前のカセットテープでお囃子まで準備し、見事な手品を披露してくれたそうです 

こういうものは、日本古来の 『お座敷手品』 と言われ

「お椀と玉」は、欧米では「CUP AND BALL」と呼ばれ、その源は紀元前までさかのぼることができるそうですよ

見たかったなぁ 

で、またまたそのメンバーの中に、プロの尺八奏者がいらして 

お祝いに・・・と一曲ご披露して下さったとか  

『 鶴の巣籠 』 という曲で・・・

友人曰く  「あ、詩吟の伴奏見たいなもの??」  と、思っていたそうですが

「ええええーっ、尺八ってこんなすごい楽器なの   こんなきれいな音色なの 

おおおーっ、尺八ってソロ曲があったの    」

 目が点だったとか 

「是非、なにがなんでも、瀬戸さんに聞かせたい  」

と興奮気味に言っていました 

でも、耳の肥えた友人の言うことですので、僕も是非聞かせていただく機会を作ろうと思っています 

松本浩和さんとおっしゃいます。尺八の工房もお持ちだそうです  

リンクに載せました  お訪ねください 

皆さん、江戸から続く日本の文化を守ろう    引き継ごう  

と、頑張り、努力なさっています 

僕の故郷を思う気持ちと通づるものがあります 

皆さんの活動に参加できる時も来るでしょう 

継続は 力なり 

お互い、頑張りましょうね 

広い日本!!

友人から、メールが届きました 

長野県上田市の上田城址のお堀の桜だそうです 

moblog_ee5d3aaa[1]

上田城…と言えば 真田幸村 ですよね 

でも、建てられたのは、親父さんか爺さんじゃないかな  

日本も南北に長いことを知らされますよね 

関東とは二週間くらいの満開にずれがあるようで 

長野は、雪の多い町ですから、初春は樹木が寒さをじっとこらえて、あたたかい春を待ちに待って 

樹木の花も、草の花も、いっぺんに咲きそろうのですよね 

桜も梅も桃も 連翹も雪柳も、山吹も 

ですから、同じ日本の中でも、四季の設定が少し違うようです 

豪雪地帯になれば、春休みはなく、冬休みが長ーいとか 

事業や授業の開始時間が違う・・・サマータイム・・・などと言いますが

狭い日本といわれますが、横は横で異なるし、縦は縦で異なるし、

日本は広いのかなぁ 

桜前線を追いかけていくと、2か月間必要です 

北海道は五月の連休の後・・・らしいです 

長野からの花便り  も 数日続くと思いますよ 

半月遅れのお花見を届けられるかな 

やっぱりそうだよね

なんじゃこりゃ 

ワカメが昆布か 

植木鉢に植わってる 

moblog_f5a830ec[1]

なになに、名前のプレートがついているぞ・・・・・

『エメラルド ウエーブ』  と書いてある 

またまた新種だ   ・・・僕にとってです 

エメラルドウェーブ は福岡生まれ、北欧そだち

30年以上にもわたる選抜育種によって生まれた日本発信の観葉植物だそうです 

なんか、これから流行りそうな感じがします 

1枚ずつ切り離された状態の切り葉として、花屋さんに出回っていますね 

シダの仲間だそうで、ワカメや昆布とのご縁はなさそうです 

でも・・・・エメラルドって言ったらエメラルドグリーンの海 

を想像するし、やはりワカメと昆布に至るなぁ 

葉が波打って、先端がラセン形にねじれるのは、葉の左右で生長の速度が異なるためだ 

よく見ると、右巻き・左巻きの両方があるみたいだなぁ

南国のリズムが聞こえてきそうだ 

ほら、やっぱり海だ 

ワカメと昆布だよなぁ・・・・・・



新しいもの・・・・

新種発見・・・あくまでも僕にとってでーす 

植木鉢に育っていましたが、確か大きく蔓で延びていく花だったかと 

蕾のうちは赤いのが、花が開くと白くなる・・・・という種類は見かけるのですが 

つぼみも開花後も白ですね 

 『ジャスミナム』    という名がかいてありました 

ジャスミンの香りがしますから 名前もなにげに似ています 

モクセイ科ですね 

moblog_efce0d94[1]

『ジャスミナム ホワイトプリンセス』 というらしい 

何とも可愛い名前です 

いかにも日本風な清楚な感じなのですが、輸入種なんでしょうね 


日本の中で国内のものを守っていくのがいいのか・・・・

外国の物も色々輸入した方がいいのか・・・・

新しい物には目が魅かれ  嬉しいのですが

よい物ばかりが入ってくるわけでもなく・・・

「鳥インフルエンザ」も「豚流行性下痢(PED)」も 外国から入ってきてしまい 

どんなに検疫や消毒を厳しくしても、とめどなく・・・・・

TPP でも、メリットとデメリットがあり、喜ぶ人とそうでない人と・・・・

難しい問題ですよね 

下町を歩いていると・・・

シャッターの下ろしたままの店が目立ちます 

繁盛した時もあったのでしょう 

にぎやかな商店街だったこともあったのでしょう 

車時代になり、大型スーパーに買い出しに行くようになり、

小さな商店は太刀打ちできなくなって 

時代の流れ・・・・なのでしょうが、

少し寂しい思いをしながら,シャッタ―通りをぬけました  

闘い???

故郷祝島の 「祝島ネット21」 に連載させて頂いているコラムがありまして・・・

年に3部か4部の発行ですので、投稿が済んでから次の投稿まで3ヶ月ぐらいは ゆうに時間があるので

ほっとして  のんびりしていると 

「祝島ネット21」 の 編集長様から 「・・・までに投稿願います。」   の連絡を頂き、

「もう、かい 」 といつも思うのです 

時の流れの早いのに いつも驚かされるのです 

・・・・なんて流暢に構えている余裕はないのです 

これから、すぐに書かねば 

「祝島ネット21」 は 四月末か、五月初めの頃に ネットで見ることができますので、

僕の汗と涙の努力の結晶を   

・・・・それほどのものではないでした 

でも是非ご覧ください 

さて、 今日はこれにてお別れです  

ペンを握ります 

・・・・昔、小学生の頃、  勉強しよう  と思って 鉛筆を握ると

急に睡魔が襲ってくることを思い出してしまった 

いやいや、思い出さなかったことにしよう 

ペンを握ります 





所属 ぱぁぷるプロモーション

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
瀬戸こうじへのメッセージ
画像をクリックすると メールソフトが起動します

setoworld_hahaha@yahoo.co.jp
リンク
検索フォーム
QRコード
瀬戸こうじブログを、携帯でも見られます!
QR