FC2ブログ

ご命日を迎えて・・・

昨日17日は友人の母上の祥月命日でした 

13日に御仏壇に焼香におじゃまさせていただきました 

かつて、音楽雑誌  のコラムに書かせていただきました事のある母上のことなので、それを読んでくださった方には重複してしまいますが 『 あぁそうだったね・・・』 と思いだして頂ければ嬉しいです 

その母上は、7年前にご主人を見送られ、その命日にお邪魔させていただくとき、テーブルの上に溢れんばかりの手作りの惣菜を並べてくれた母上でした 

食べきれないほどのおいしい食事を 遺族のみなさんと一緒に ご主人の遺影の前で思い出話や 楽しい会話とともに、 いただきました 

その母上が昨年の夏、具合が悪くなり検査の結果、・・末期癌の告知と死期の宣告をうけてしまいました 

過去にも癌センターのお世話になり、それから8年以上が過ぎ、再発はないのでは・・・と希望を持って、最近ではそんな事実があったことさえ、忘れてしまいそうにお元気でお孫さんとともに温泉旅行を楽しむ日々を送られていました 

お世話になりました母上でしたが、お見舞いには行かせていただけませんでした 

というのは、母上が一切の見舞いを拒否なされたのです 

日に日に弱っていく体を 他人に見せたくなかったのでしょう 

友人と妹さんの姉妹に告げたそうです 

「 親戚知人に一切連絡しないこと。見舞い面会もすべて断ること。家族以外に心配迷惑をかけないこと。」

そして、自分のいなくなった後のすべきことを事細かに指示していかれ、姉妹二人が迷うことの無きよう、あらゆることを相続する手配を 最後の日まで、指示して 逝かれた・・・・そうです 

普段から笑顔  の印象の優しい母上でした 

そして一年経った先日も 『 いらっしゃい  』 と笑顔  で、割烹着の裾で手をふきふき迎えてくださる姿が 目の前に現れた気がしました 

あの母上のどこに このような強い意志があられたのか、一年たった今でも信じられない僕です 

しかし、最期に臨んだ母上の数ヶ月の生き様は 今も僕の心に強く印象付けられ この一年の僕の生き様にも多くの影響を与えてくれております 

そして、娘さんお二人にも 僕にも 母上の教えてくださった「 凛とした生き様 」 はしっかりと受け継がれて行くことでしょう 

最近、高年齢の行方不明が、生存の有無が、世間を騒がせています  

ご本人がこの世間から身を隠したかったのか  家族がそうさせてしまっているのか 
家族の絆が切れてしまう・・・切られてしまう・・・切ってしまう・・・

なんだかやるせない・・・・・ですね 

次世代へ繋げる親子関係を維持して行きたいものです 


あるご住職のお言葉です 

老いを迎えて仏様になられた方の願うことは、遺族の幸せだけだそうです。

笑顔の絶えない幸せな毎日を過ごすことが亡くなった方への一番の供養になるそうです

そして、人間は二度死ぬと・・・・一度目は人間体の死・・・そして二度目は・・思い出されなくなった時・・

だそうです。

御仏壇の中の父上、母上のお顔は 確かに 嬉しそうに笑っていらっしゃいました 

20日はお彼岸の入りです 

御両親もまた、遊びに来てくださることでしょう 

スポンサーサイト



プロフィール

瀬戸こうじ

Author:瀬戸こうじ


瀬戸こうじのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

『望郷の空・東京』PV視聴


山口県での映像配信中!

所属 ぱぁぷるプロモーション

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
瀬戸こうじへのメッセージ
画像をクリックすると メールソフトが起動します

setoworld_hahaha@yahoo.co.jp
リンク
検索フォーム
QRコード
瀬戸こうじブログを、携帯でも見られます!
QR