FC2ブログ

今日は博士 ??

前に書きました 僕は  大好き マッサージ大好きです 

いつものように  行きましたら、 風呂ぐ、いえ   「 ブログ見ました  」 とマッサージの先生の皆さんから嬉しい  言葉をいただきました 

「毎日大変ですね  」 「そうなんですよ。ネタ探しが大変で・・・ 何か書いてくださーーい   」

「こんなのどうでしょうか  」 と、有難い 嬉しいヒントを下さいました 

実はマッサージの先生は・・・・東洋医学の勉強をなさっています 

 「 ここは腎臓、肺、十二指腸 」 などと第二の心臓  といわれている足裏  にある臓器の位置を示しながら指圧します 

 「ううっーー いたぁーー 」 とか叫ぶ  場合は、その臓器が弱っていたり疲れていたり・・・ということで、  『気をつけてください』 ということになります 

その痛いのを、僕も  先生も  楽しんで  います 

そんな東洋医学の見地からの教えでした 

「 人間の体には366のつぼかある。 WHOで決まっています。 うるう年の日数と同じです 」 とのことでした 

少し調べてみました  まずは 『WHO

 世界保健機関(英: World Health Organization )は、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関(国連機関)である。1948年設立。本部はスイス・ジュネーヴ。設立日である4月7日は、世界保健デーになっている。

そして、『つぼ

 東洋医学では体内をエネルギーが循環する道筋のことを「経絡(けいらく)」と呼びます。
そして内臓に病気が発生するとその臓に関係する経絡に異常が発生します。
その中で特に反応が強い場所が「経穴(けいけつ)」、いわゆる「つぼ」なのです。
経穴 (けいけつ) とは、「気と血」のエネルギーの通り道である経絡上にあって、気血が出入りし、経絡が合流したり分枝したりする経絡状の重要なところである。 

つぼとはズバリ! 「最も重要な」 という意味ですね 
 
「肝心要」や、「つぼを得た」 という言葉はここからきていますね 

そしてもうひとつ

 東洋医学は自然が基本です。海の波は、一分間に18回平均で寄せてきます。そして、その倍の36が人間の平均体温、その倍の72が一分間の平均脈数、その倍の144が血圧の高い方の正常の限界 」

『 おおーーっ  』

マッサージの先生・・・・今日は岸本博士と呼ばせていただきましょう 

スポンサーサイト



プロフィール

瀬戸こうじ

Author:瀬戸こうじ


瀬戸こうじのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

『望郷の空・東京』PV視聴


山口県での映像配信中!

所属 ぱぁぷるプロモーション

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
瀬戸こうじへのメッセージ
画像をクリックすると メールソフトが起動します

setoworld_hahaha@yahoo.co.jp
リンク
検索フォーム
QRコード
瀬戸こうじブログを、携帯でも見られます!
QR