FC2ブログ

春の終わり

今日は24節季の穀雨です 

「穀雨」とは、春の雨  が全ての穀物を潤すという意味です 

穀雨の期間の72候では

初めの5日間は・・・ 葦が芽を吹き始める
中の5日間は・・・・ 霜が終わり稲の苗が生長する
終わりの5日間は・・ 牡丹の花が咲く

と この季節を表しています 

この時期は温い、やわらかい春雨が降る日が多くなります 

川の水温も温まり、水辺には葦が生え   水面・水中には水草  が生い始め、穀物の成育に潤いをもたらす暖かな穀雨  が降り始めます 

農業を営む人は、穀雨に恵まれるこの時期に種まきをします 

多くの穀物などの種蒔きに最適な気候としています 

しとしとと降る雨は我々人間には憂鬱になりがちですが、穀物には成長するために必要な雨です 

ということは、私たちが生きる為にも必要な恵みの雨 とも言えます  

『 春雨じゃ  濡れていこう  』 と、行きましょう 

いよいよ春の季節も 穀雨で終わりを告げます 


ところで 『葦』 という植物ですが・・・・

「人間は考える葦である」 とパスカルという人が言ったとか・・・倫理で習ったような・・・

葦という植物は、少しの風でもしなり、強風には前屈して曲がるけれど、風が去ると、また元のように立ち上がります 

自然界の中でもたいへん弱く、簡単に風にしなりますが、柔軟性があります 

人間もまた、自然の力や運命の暴威に対し無力ではありますが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜け、また元のように、自らの姿で、力で立ち上がれます 

そしてなにより葦と違うのは、「考えることができる」 ということです 

・・・つまり 「精神を持つ」ことで、遙かに賢明で、優れた存在であるということです 

今まさに 『我々日本人は、考える葦』 です 

強く、粘り強く、元の姿に戻りましょう 

うーーーん、好きでなかった倫理が今ようやく役にたった気がします  あは 








スポンサーサイト



プロフィール

瀬戸こうじ

Author:瀬戸こうじ


瀬戸こうじのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

『望郷の空・東京』PV視聴


山口県での映像配信中!

所属 ぱぁぷるプロモーション

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
瀬戸こうじへのメッセージ
画像をクリックすると メールソフトが起動します

setoworld_hahaha@yahoo.co.jp
リンク
検索フォーム
QRコード
瀬戸こうじブログを、携帯でも見られます!
QR